JFIR広場

トップページ フォーラム 口腔機能と全身 口腔の異常と運動器疾患 返信先: 口腔の異常と運動器疾患

#275
堀田 修堀田 修
参加者

酒井先生

歯痛のため抜髄したけど改善せず、ほかの症状もありEATを実施したところ歯痛も改善したケースを経験しております。

①歯科治療において「なるべく抜髄はしない方が良い」と考えるのは妥当なことか?
②抜髄をした方が良いのはどういう病態の時か?

この二点は私も含め歯科の門外漢の人々が知りたいことだと思いますのでご教授ください。

トップページへ戻る