JFIR広場

トップページ フォーラム EAT(上咽頭擦過療法) 咳喘息・気管支喘息に対するEAT 返信先: 咳喘息・気管支喘息に対するEAT

#413
角田 友太角田 友太
参加者

患者側の者です。

下記のような状況で、現在EATを4回ほど経験しました。
毎回2~3時間ほどは、透明な鼻水が止まりません。
ただ、その程度で施術後の反応は抑えられています。そこを過ぎてしまえば、急に楽になってしまいます。
喘息も、昨年5月以降は喘息の発作等は起きません。
この状態を維持するために鼻うがいを一日1~2回ほど行っています。

なお何度かコロナ再感染を疑う様な風邪症状はありましたが、
臨床検査技師の母とも相談し、ツムラ2番を倍量服用するなどで、未病や軽くおさめる範囲で済む様になりました。
今度、抗体検査を受け、EAT治療を行っていただいている耳鼻科さんに情報提供をしようと思います。

抱えている疾患は、
アレルギー性鼻炎(杉、蛾)
気管支喘息(比較的軽い方で、発作も半年以上なし)
 ※ビラノア、シングレア、シムビコート、ツムラ2番の漢方を服用
過敏性腸症候群(EATを始めて大分楽になりました)

昨年の既往歴および体調
3月頃:コロナ様症状 診断:急性上咽頭炎、ほか気管支分岐手前で炎症がギリギリ止まっていた。
その後:クラリスロマイシンを服用しても散発的に続く副鼻腔炎 ※一昨年なった際のは落ち着いたにも関わらず
7月:軽い風邪を引く。
9月:コロナ濃厚接触者→PCR陰性
10月:白血球数が検診で2000台になる。過敏性大腸炎が一昨年11月ぶりに再発
11月:熱が高くもすぐ引いた風邪をひく

トップページへ戻る